紹介の来院者を増やすためのポイント

歯科医院で新患が発生する理由を調査すると、口コミが圧倒的に多いことがわかります。
さらに詳しく、どのような来院者が口コミをしてくれているのかを調べてみると、特定のファンが多数の新患を紹介してくれているケースが多いようです。
一般的には、20%の信者的な来院者が80%の新患発生(口コミ)に貢献しているといわれるほどです。

新患数アップのために歯科医院が取り組むべき必要があるのは、このような信者的な来院者が誰なのかを確認して、紹介を促進することです。

そのために取り組むべきポイントは、下記の2点です。
まず、1つめのポイントは、日頃の診療の中で紹介が発生した場合に感謝の気持ちを表現することです。
感謝の気持ちを表現することで、「歯科医院も紹介すると喜ぶんだ」ということを来院者に認識してもらえるようになるのです。
そして、「誰に」、「どのようなトーク内容」で紹介されたのかを把握していきます。その紹介の際のキーワードがクリニックの強みなのですから、それをスタッフ全員、そして、来院者と共有することで第二、第三のファンづくりに努めていきます。

また、2つめのポイントとして、良好な関係づくりのために紹介の際にお礼状を送付する取り組みも欠かせない取り組みのひとつです。
紹介を歯科医院側が喜んでいることを御礼状で表現していくのです。

御礼状の内容としては、「この度は、○○様をご紹介いただき、まことにありがとうございます。私ども、●●歯科医院の財産は皆様との人間関係だと考えております。これからも、私たちの治療・サービスを必要とされるご友人やお仲間がいらしたら、是非、ご紹介をいただければと思います。」というようなコメントを記載して送付されてはいかがでしょうか。
御礼状を送付する際には、「○○様へ、お礼のハガキをご郵送させていただいてよろしいでしょうか?」と確認後に送付することもチェックしたいポイントです。
そのようなチェックを実施することで、トラブルの回避にもなりますし、そんな点にまで配慮してくれる歯科医院であれば他の点も安心、というように、さらに好意度が高くなる機会になっていくのです。

メルマガ登録 ラビットSSL いま話題のホワイトニングケアなら、ポリグリン ホワイトニングEX
ページ上部へ戻る