MAPS(マップス)〜システム事業〜

MAPS(マップス)〜システム事業〜

院長のこんなお悩みを解決します‼
  • 業績が伸びない…
  • 取組が継続できない
  • 数値改善できない
  • 指示通りに動かない
  • スタッフの離職に追われる
お悩みの答えは見える化とPDCAサイクルのスピード化

経営の好循環
経営は様々な情報を「見える化」し、患者さんとの信頼関係を深める事が重要です。

患者さんとの信頼関係が、スタッフとの関係性を強固なものとし、働く事のやりがいへと繋がります。

歯科医院と患者さん、スタッフが繋がることが歯科医院の経営を好循環でまわっていきます。

経営の好循環
MAPSで、かんたん見える化‼

経営数値のデータ

患者毎のキャンセル率が見える

患者個人のキャンセル率が見えることで、キャンセル対策に活かすことができます。

患者毎のキャンセル率が見える

保険、自費、物販別売上が見える

保険、自費、物販別売上が見える
現時点の医院の売上割合を把握することで、予算に対する進捗を確認し、スピーディーに対策をとることができます。

医院の未収金状態も確認できます。

保険、自費、物販別売上が見える

患者さんの人数詳細が見える

患者さんの人数詳細が見える
医院の患者さんの数を把握することができます。

初診、再診、再初診、中断、来院頻度など簡単に患者さんの人数を見ることで、どこを改善するかを決めることができます。

患者さんの人数詳細が見える

日々の売上集計が自動で作製される

日々の売上情報が日別で自動収集されます。
スタッフが数値を収集している医院様ですと業務効率が改善されます。

患者毎のキャンセル率が見える

この他にも、時間帯別の来院実績や、自費診療メニュー実績、物販販売実績などから、医院の傾向を知ることができます。

患者さんデータ

患者毎のキャンセル率が見える

カウンセリング実績が見える

自費や定期健診とカウンセリングの相関関係が強い傾向があります。
カウンセリングを誰にどこまで行ったのかを見える化し対策をすることは、医院の業績改善に直結します。

患者毎のキャンセル率が見える

MAPSから見える化したデータから得た情報をPDCAサイクルへと繋ぎ活用します。
医院経営の業績、課題改善は経営数値の見える化からはじまります。

メリット

・課題が見えないまま、経営を続けるリスクを軽減する
・数値をあつめる手間がなくなる
・エクセルへの出力でアレンジがしやすい
・数値の事実を24時間リアルタイムで確認することができる
PDCAサイクルとは、サイクルを構成する次の4段階の頭文字をつなげたものである
PDCAサイクルのスピード化

業績や課題を解決する為に何をするのか(計画)を考え、実行し、結果を確認、計画の改善をし実行を繰り替えすことで、スタッフは決して、やっていないわけではなく、誰に何をしたかまでを確認できない仕組みが問題なのです。

MAPSは現状と実行状況、結果を見える化することで、歯科医院経営のPDCAサイクルを回すことに特化したマネジメントシステムです。

キャンセル、定期健診のPDCA機能は既に実装済み

キャンセルリスト
定期健診(リコール)

キャンセルPDCAサイクル

PDCAサイクル
P:キャンセルリスト(現状の未予約者数、次回予約獲得数)の確認。1日の行動目標を設定し受付へ指示。
D:キャンセルリストからSMS,メール,電話を実施。アクション登録を行う。
C:キャンセルリスト(未予約者数、次回予約獲得数)の確認。キャンセルリスト横にあるアクション実績の変化を確認。
A:アクション実績のない患者さんを個別に対応するよう受付へ指示し、行動管理を行う。

PDCAサイクル

キャンセル、定期健診については、様々なアポイントシステムでもリスト作成までできるようになりました。

MAPSは行動管理を含む為、具体的に誰に、何をしたのか、結果として予約が取れたのかを見える化しPDCAサイクルを回すように設計しました。同じように、見える化した数値を基に計画をたて、実行、評価、改善を繰り替えすことにより数値の改善が実現できるのです。

MAPSシステムは、医院改善の数値を効率的に収集する為に「アポイントシステム」機能と「会計」機能を実装することで、今までにないシステム開発をおこなうことができました。

「数値」と「患者数値」の見える数値を基に、改善計画を立て実行し、確認を行うことで、改善行動が進んで行きます。

一般的にはこの数値を見える化することで疲弊し、諦める医院が多い中、システムを活用することで業務効率の改善にもつながります。
MAPSを活用することで、歯科医院経営の改善に成果をもたらすことをお約束します。

プランと費用のご案内

導入から運営フォローまで
トータルサポートプラン
簡単・便利・多機能SMS付き
MAPSプラン
初期費用 600,000円 100,000円
月額 10,000円 10,000円
アポイントシステム
予約管理基本機能一式 ※1
WEB予約機能
患者属性アイコン作成機能
メール・ショートメールサービス機能 ※2
キャンセル対策機能(PDCA)
定期健診(リコール)対策機能(PDCA)
患者検索機能(リスト自由作成)
報告書機能(経営数値見える化)
サポート
メール・電話サポート
訪問導入コンサル ※3 ×
追加訪問サポート 100,000円 100,000円
その他機能
システム更新(自動VerUP)
ユニット追加(無料・無制限)
レセコン連携 ※4

※1 予約基本機能はどのメーカーも変わりませんので割愛させていただきました。
※2 ショートメールサービス(SMS)は送信料が発生します。(1通/15円)
※3 訪問時の交通費が別途発生します。導入日は医院様と相談の上決定しますが、ご希望に添えない場合があります。
※4 レセコンメーカーと随時連携を進めております。詳細はお問い合わせください。

MAPS導入ステップ

無料セミナー 開催のお知らせ

導入医院様の声

千葉県 H歯科医院 院長様

導入医院、開業コンサルタントの声
導入前は分院の改善のために足を運ぶことが多く大変でした。
MAPSを導入してから、毎日数値の確認をおこなうことができるようになり、分院長へ改善したい項目を相談し取り組むことができました。

分院長も何を改善しなければ良いのかわからなかった状態から抜け出せ、積極的に取り組んでくれています。独立前に経営改善の実践をしていただけて、安心をしました。

埼玉県 M歯科医院 受付様

はじめは、今まで使っていたシステムになれていたこともあり、正直大変でした。入力する項目も増えました。

でも数値を入れるようになり、手書きとエクセルで管理していたものがなくなったこと、今まで電話がけをしていた前日確認がSMSで行うようになり、トータルの業務時間を減らすことができました。

患者様も電話は出れないからSMSは助かるのお声もいただけています。

関連企業様の声

開業コンサルタント D社 ご担当者様

金額に対して、実装されている機能がとても魅力的です。
私たちも開業時には、アポイント管理と経営に関わる数値が重要である事をお伝えしています。
しかし、アポイントシステムすら不要であると考える先生が多いのも事実です。システムを導入する医院はまだ少ないです。

このシステムは会計データを入力することで、より詳細な数値を集めてくれます。エクセル管理するのであれば、このシステムを活用することで手間も減らせるのではないかと思います。

事務所 F社 代表者様

私たちの会計事務所では月1回の訪問をおこない、2か月前の数値推移を基に状態の共有をしていましたが、MAPSを導入した
お客様の医院では、リアルタイムで数値を見えるようになったことで、電話でのご提案ができるようになりました。

医院様で手書きで数値を集めていただいていたものが必要なくなり、喜んでいただいています。当社の社員も数値を見ながら、どこを改善すべきかをMAPSのアドバイザーに電話で相談できているのも助かります。

歯科医院のPDCAを回す
患者管理システム活用セミナー

開催内容

12:30~12:50 受付
12:50~13:00 事前アンケート記入
13:00~13:30 MAPSを活用して効果的に歯科医院経営を成功に導く方法
13:30~14:30 MAPS機能紹介 -デモ機を使った運用体験ー
株式会社デンタル・マーケティング MAPS事業部 杉山智現
14:30~15:00 質疑応答

2017年開催予定

10月22日(日) 11月19日(日) 12月17日 (日)

開催場所

〒111-0052東京都台東区柳橋1-4-3ツイントラスⅡビル5階
株式会社デンタルマーケティング 会議室

お問い合わせ・MAPS無料相談説明会お申込はこちら


MAPS詳細ページ

https://www.dental-m.co.jp/maps_lp/

メルマガ登録 ラビットSSL いま話題のホワイトニングケアなら、ポリグリン ホワイトニングEX
ページ上部へ戻る