歯科医院経営成功のためのエピソード

みなさん、こんにち!!デンタル・マーケティングの寶谷 光教(ほうや みつのり)です。
今日もコンサルティングの中で発見したこと、新たな気づき、関心したことを「歯科医院経営成功のアイデア」を通じて皆様にご報告致します。

さあ、皆さん、今日も元気にいってみましょう!!

最近、電車の中で、スーツの上着を忘れてしまったり、購入したばかりのパスネット(地下鉄カード)を紛失したということがありました。

通常では考えられないことが起こるとということは、何かの信号なのでしょう。

皆さんは、オーバーワークを感じたことはありますか?

以前、私がボクシングしていたことをお伝えしましたが、その頃のオーバーワークでの失敗経験を思い出しました。

プロ2戦目で、技術的にも精神的にも向上してきたと感じた頃です。

1勝して、次も結果を出したいということだけで、休むことなく、仕事と練習を繰り返し、サンドバックを叩けば拳が痛む、ロードワークをすれば膝が痛くて走れない、あげくのはてには、実践形式の練習(スパーリング)で、殴打され目を痛め、入院ということになってしまったのです。

その時に、がむしゃらに取り組むことも必要ですが、適度な休憩や頭を使って練習することも必要だと痛感しました。

登山でのリーダーの仕事の中で最も大きな仕事は、メンバーの力量を把握して、適度な山を選ぶこと、そして、その山に登るための最適な道具を選択することだそうです。

山登りだけでなく、全てに通じることですね。

自分自身のマネジメントもそうですし、経営もそのとおりだと思います。

今の自分・組織の力量を把握して、その上で目標を設定し、そのために必要な能力・経営資源を蓄積していくことが重要だと思います。

このブログが皆様の歯科医院経営に参考になれば幸いです。

私達、デンタル・マーケティングは、みなさまの歯科医院経営の成功にお役に立つことを一番大切に思っています。
 
「寶谷 光教の歯科医院成功のアイデア」はブログランキングに登録しています。

このブログがよかったと思われる方は、クリックをお願いします⇒ブログ人気ランキング

 

 

 

メルマガ登録 ラビットSSL いま話題のホワイトニングケアなら、ポリグリン ホワイトニングEX
ページ上部へ戻る